良い医者との出会いが鍵

話を聞く人

歯医者や一般病院なら、ネットや近所の口コミで信頼出来る場所が探せますが、心療内科や精神科の場合、評価される有名な医師でもフィーリングが合わないこと場合もあります。病気へのアプローチ法は、クリニックで異なり、精神病への考え方も違います。精神疾患を完治させるのは、カウンセリングと適切な診断で処方された薬物療法です。カウンセリングは、悩みや不安を吐く場所なので、信頼関係が築けないと無意味です。薬物療法も医師で処方が違いますから、合わないならセカンドオピニオンを検討すべきでしょう。現在は、多くの心療内科が無料でカウンセリングを実施しています。ネットや電話でも出来るようになり、周りを見渡すと精神的に支えてくれるサービスが沢山転がっています。治す意思があれば、サービスの利用や各クリニックへ行き、カウンセリングを通して相性の良い医師を探しましょう。

最終的に、精神科や心療内科で治療方針を決定していきますが、治す意思がないと完治が遠のいてしまいます。心の病は、医師と患者の信頼関係が完治の鍵になります。初めて合う患者を隅から隅まで知るのは難しいですから、心療内科へ受診した際は今の状態と症状を細かく説明出来るようにしましょう。仕事や学校に通いながら心療内科での治療を受けるのなら、ライフスタイルに合わせることが重要です。それを踏まえて、医師と相談しながら治療計画を立てていきます。患者の要望に耳を傾け、状態に応じた治療を進めるのは精神科や心療内科で働く医師の仕事です。それに応えることも患者の役目であり、完治への近道になります。治すという確かな意志を持ち、治療で使う薬や今後の相談を気兼ねなく行える場所こそ、良い心療内科なのです。